介護をすることになった時コミュニケーションは必要です

家族のコミニュケーションは大切にしましょう

高齢者のおじいさん、おばあさんと一緒に暮らしていたとしても、家の中でおじいさん、おばあさんの部屋と息子夫婦との間に大きな壁があり、まるで別の家に住んでいるような雰囲気の家があります。同居となりますので様々な問題もあると思いますので仕方がないことです。おばあさんが若く元気があった頃は嫁姑問題が大変だったのかもしれません。たしかに気持ちは分かります。しかし、おじいさん、おばあさんのうちどちらかが亡くなっている家もあります。そのような場合、部屋で1人で退屈に生活していると思います。さらに、ご飯などの食事も1人で食べているおばあさんもいます。昼間はテレビを観る楽しみしかなく毎日このような生活ではボケていってしまうこともあるでしょう。家族ですので話すことも必要ですし、おばあさんの誕生日には家族みんなでお祝いをしてあげることで喜びます。家族ですのでコミュニケーションが必要なのです。おじいさん、おばあさんが今はこのような生活でなかったとしても介護を必要とする状態になっとき生活しやすい起き上がりが可能な電動のベットに変えたり生活がしやすい部屋になると思います。さらに、1人で動くことができない部屋で寝たきりの生活になってしまったときでも家族のコミニュケーションを行うことで嬉しく感じるでしょう。

医療関連 サイト一覧

介護関連 サイト一覧